支援の現場で働いていると

目の前にある問題や困った状況に目が向いてしまい、

目の前の問題や状況を収めるためにどうすればいいか

ということに注意が向いてしまいます。


目の前の問題を収める方法は色々ありますが

大切なのはその問題や状況に至った原因に目を向けて

解決に至る手立てを実行することにあります。


問題にはそこに至る行動がある

行動にはそこに至る思考がある

思考にはそこに至る原因がある


問題となっている物事自体ではなくて

原因に目を向けて

今ある問題や状況と向き合うことが

本当の意味での問題解決に繋がる

大きなポイントです。


最後まで読んで頂いてありがとうございました😊