人と人との繋がりが主体になる福祉支援。

 

 

“支援をする”という言葉に、


 

強い責任感を抱いてしまって


 

仕事として選ぶときにためらってしまう方も


 

中にはいるのではないでしょうか?



 

私が携わっていたホームヘルプ支援では、


 

マンツーマンでの支援が基本となっているので、


 

「自分が支援している時に何かあったらどうしよう💦」と


 

緊急事態を想定してしまいやすい支援スタイルの一つなのかなと


 

思います。



 

しかし、


 

そんなホームヘルプ支援も


 

たくさんの楽しみや喜びがあります😊


 

今回はその楽しみや喜びの一例をいくつか紹介しようと思います😄

 
 

その① 



日課で行なっている支援の中で
小さな変化を実感できる!

 

 

ホームヘルプ支援は、

 
 

基本的に毎日同じヘルパーが同じ方に入るというケースは少なく、


 

多くは、


 

毎回ヘルパーが変わったり、


今回支援と次回支援の間が開く傾向があります。



 

久しぶりに訪問した時、


 

いつものルーチンの中に以前と違うルーチンができていたり、


 

これまで頑なに拘っていたことが、


 

まるで“なかったかのように”なっていることなど、


 

人の暮らしの変化を強く実感することがあります。


 

 

その②

 

相手の思っていることや求めていることが

伝わってくる感覚を感じる

 

 

長い期間、


 

同じ方の支援をしていく中で、


 

どの場面で、


どのような日課をするのか


がある程度見えてきます。


 
 

そんな中で、

 

「いつもしているルーチンで使っているものが違っていて、

 
 

今回いつもよりルーチンのペースが少しゆっくりしている!


 

今ルーチンをしにくいなって思っているんだろうな」


 

や、


 

「今〇〇に夢中で取り組んでいたのに、


 

テレビがCMに変わった時に動きが止まった!


 

実は気持ちはテレビに向いていたんだ!」


 

など、


 

リズムやペースの変化、


 

普段見せない行動に出会うなど、


 

小さな行動の違いから、


 

相手の思いに想いを馳せることができます😊

 


 

マンツーマンで支援をしていく中で、


 

小さな変化に気づくと、


 

「〇〇な時、なんて思うだろう?」


 

「△△な時、どんなリアクションをするだろう?」


 

など、日常生活の中にある小さな変化行動予測して、


 

ワクワクしながら支援楽しむことができるのは、


 

ホームヘルプ支援の醍醐味なのかなと感じています😁


 

 

ただ真面目に支援に従事するだけでなく、


 

人と人との関わりや繋がりが主体にある仕事!


 

この特徴を活かして支援に向かうと、


 

いつもの支援がより楽しく、


 

より深く見えてくるのではないでしょうか😊



 

ホームヘルプ支援に関わらず、


 

みなさんは福祉支援をどのようなモチベーションで


 

励んでいますか?



 

コメントやメッセージで教えていただけると嬉しいです😄


 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!