先日、


 

「ヘルパー1年目に私がまずしたこと」というテーマで


 

私がホームヘルプ支援を始める“前に”していたことについて投稿しました😊


 

今回は、


 

ホームヘルプ1年目から躓き、


今に至るまで四苦八苦していること


についてお話ししていきます😊


 

  

ホームヘルプ支援を初めてすぐにぶつかった壁!

 
 

それは、


 

バスの乗り方でした😅




大分の田舎に育った私は、

 


自転車移動が主だったので


 

バスに乗る経験がほとんどなく、


 

時刻表の見方やバスの番号と行き先をどう見たら良いか

 


というところからのスタートでした💦

 


 

支援の引き継ぎで、


当時あったバスカードを渡され、

 


「これを使ってください」と言われ、

 


どのように使ってら良いかが分からず、


 

同行する先輩ヘルパーの動きを


必死に見て覚えようとしていました😅


 

福岡市での移動手段は、


 

バスだけでなく、


地下鉄や西鉄電車、JRなど、公共交通機関が多くあり、


 

それぞれで乗るため手段や、福祉手帳提示タイミング


違います

 



私は、支援を覚える以前に


 

まず公共交通機関の使い方


覚えることから始めました😅

 



“手帳を提示してのバス下車の仕方”

 


“地下鉄、西鉄、JR、地下鉄乗り継ぎなどで違う券売機での切符の買い方”

 


“障がい程度区分や年齢で違う料金の見方”

 


“運転手さんや駅員さんとのスムーズな支払い時の会話のやりとりの仕方”

 


などなど、

 


公共交通機関利用するという一つのことでも

 


覚えることたくさんありました😅

 



この時の努力があっても、

 


今でも乗り継ぎの仕方や利用するカードによって



戸惑うことが時々あります😅

 



そんな時は、

 


「わからないので教えてください」と言えること、

 


誰に聞けば良いか(バスセンター受付に行くなど)


を学んだことで、

 


なんとかその場で解決することができます😊



外出や社会生活の支援をするヘルパーも


 

多様な社会資源の使い方


 

日々変わりゆく制度や設備を


 

支援活動を通じて日々学んでいます😊

 



今回も最後まで読んでいただきありがとうございました😄❗️