障がい福祉の支援では、


2つの支援の取り組み方があります。



1つ目は


目の前に直面した課題に対して


解決に向けて取り組む支援。


2つ目は


今後起こり得るまだ見ぬ課題に対して


先手を打って直面を回避する支援。



どちらがいいとかではなくて


長く営む地域生活の中で


より良い方法を見極めて


取り組むことが大切になります。



またこの2つの取り組み方は


同時に取り組むことも可能で、


1つの活動の中にある複数の課題に対して、


1つの課題に対して未然に防ぎつつ


もう一方の課題については


体験して解決の方法を模索するなど


利用者の方の特性や


抱える困り感の内容に応じて


「これはどうだろう?」「あれは避けた方がいいかも」「どうやってやってみようか」と、


思考を凝らしながら


取り組み方をカスタマイズすることができることが


障がい福祉支援の面白さだと


私は思います😊



最後まで読んでいただきありがとうございました😊