福祉の仕事は

人と直接会うことで成り立つものがほとんどで

今回の自粛要請に伴って

支援のやり方やあり方が

大きく制限されてしまうところも多くあります。


昨日の投稿でも触れた"3密を回避する"

ということについても、

重度の障がいを持つ方や

直接的な支援が必要になる場面のある方

などへの対応では

どうしても密接したやりとりになってしまいます。


重度心身障がいをもつ方や

医療ケアの必要な方については

感染は状態の重度化に繋がりますが、

リスクを抱えながらも健康を保つためには

直接的な支援が必要不可欠となります。


そんなリスクと隣り合わせの中、

徹底した配慮を行いながら直接支援に励んでいる

支援者やご家族がいる中で

少しでもできることは何か…🤔


私は支援の場の分散

リスク軽減の一つのポイントかなと

考えます。


飛沫感染が主な感染ルート

という今回のウイルス。


人の入れ替わりや場所を移動する機会が少なければ

飛沫による感染のリスクも

僅かながらも減らせると思われます。


自宅勤務に切り替わる職場が多くなってきている中、

家族と支援者で連絡を取り合い

施設でしかできない支援と家でもできる支援の内容を

明確にして、

支援者しかできない支援と

家族ができる支援を

それぞれの環境で

家族と支援者が連携して行っていくこと。


支援者に代わって支援をする

家族の負担を軽減できるよう

バックアップ体制を作るための

相談支援員さんとの連絡連携の体制を

改めて構築することが、

感染リスクを少しでも減らしながらも

必要な方に必要な支援が行き届く

工夫の一つの形かなと

私は考えます。


今回も最後まで読んでいただいて

ありがとうございました!